イケメン補正のやり方

画像関連の展示会

世の中には画像や写真に関する展示会やイベントがたくさんあります。その一部を紹介していきましょう。

CP+

CP+(シーピープラス、英:Camera & Photo Imaging Show)は、カメラおよび関連機器のコンシューマー向け展示会である。主催はカメラ映像機器工業会で、2010年から年1回のペースで開催されている。

カメラ映像機器工業会、写真感光材料工業会、日本カラーラボ協会、日本写真映像用品工業会の4団体の主催で2005年から2009年まで開催されていた「フォトイメージングエキスポ」(PIE)の後継イベントにあたり、PIEから離脱したカメラ映像機器工業会が、2010年以降、単独で開催している。

CP+は、ビジネスユーザーとコンシューマーを対象に、最新の製品や技術を紹介し、産業と写真映像文化のさらなる発展に貢献する国際的な「総合的カ メラ映像ショー」である。写真の街ヨコハマから、「撮る」「見る」「つながる」写真の楽しさをあらゆる形で提供し、カメラ・写真映像産業の拠点である日本 から世界へ、写真映像文化を包括的に発信している。

単独開催となったにもかかわらず、2010年の登録来場者数は41,033名で、PIE2009の41,952名からわずかな減少に留まった。なお、入場者のカウント方法は登録を行なった人数であり、出入口でのカウント数ではなく、再来場は含まれない。

出展メーカーごとに分かれたブースにおいて機器等の展示を行う。また、メーカー技術者や写真家によるセミナー、アマチュアカメラマンの作品展示、関連企業が集まり商談に適したB to B向けのコーナー“コンポーネンツ&デバイス プラザ”などが展開される。

2013年の「CP+2013」は、2013年1月31日-2月3日に開催された。

開催年度一覧

開催回 開催年月日 入場料 出展者数 来場者数 会場
1 2010年3月11日(木) - 14日(日) 1,000円(平日)、無料(土・日)
ウェブサイトで事前登録することにより、平日も無料。
77社・団体 41,033名 パシフィコ横浜
2 2011年2月9日(水) - 12日(土) 99社・団体 49,368名
3 2012年2月9日(木) - 12日(日) 1,000円
ウェブサイトで事前登録することにより無料。
88社・団体 65,120名
4 2013年1月31日(木) - 2月3日(日) 1,000円
ウェブサイトで事前登録することにより無料。
未定 62,597名
フォトショを極めたい貴方へ

カメラ映像機器工業会

一般社団法人カメラ映像機器工業会(かめらえいぞうききこうぎょうかい、英称:Camera & Imaging Products Association、略称:CIPA)はカメラメーカーなどで構成される社団法人。

日本写真機工業会の後継団体。Exif、PictBridgeやカメラの電池寿命の計測方法など、さまざまなカメラに関する標準化活動を行っている。

フォトイメージングエキスポ

フォトイメージングエキスポ(Photo Imaging EXPO, PIE)は、2005年から2009年まで毎年3月中旬に東京ビッグサイトにて開催されていた、アジア最大級の写真関連商品総合展示会。主催はカメラ映像機器工業会、写真感光材料工業会、日本カラーラボ協会、日本写真映像用品工業会。

これまで「フォトエキスポ(日本カメラショー:カメラ映像機器工業会主催、写真映像用品ショー:日本写真映像用品工業会主催)」「ラボシステムショー(日本カラーラボ協会主催)」「国際プロ・フォト・フェア(IPPF、日本工業新聞社主催)」の3つの写真関連商品の展示会が開催されてきたが、これらの展示会を統合発展させて強化したイベントとして開催することとなった。

基本コンセプトや狙いとして「写真文化の発展と映像ライフの楽しさをアピール」「日本から最先端の写真映像技術を世界市場に発信する」「アメリカのPMA、ドイツのフォトキナに並ぶ国際イベントにする」としていた。

しかしイベントの運営幹事を各団体が持ち回りで受け持っていたこともあり、一貫したコンセプトを確保できないことを理由にカメラ映像機器工業会が2009年の開催をもって離脱したため、この年限りでフォトイメージングエキスポは終了してしまった。2010年からは、カメラ映像機器工業会が単独イベント「CP+」(カメラ&フォトイメージングショー)を開催し、残りの3団体はこれまでプロメディアが開催していた「スタジオ写真フェア」に合流、新規イベントとして「PHOTO NEXT」(プロフェッショナル&フォトビジネスフェア)を開催することとなる。

PMA(フォト・マーケティング・アソシエーション・トレードショー)
フォト・マーケティング・アソシエーション・トレードショー(Photo Marketing Association Annual Convention and Trade Show, PMA)とは、アメリカで毎年開催される、カメラ・写真機材をはじめとした映像関連総合見本市である。
フォトキナ
フォトキナ(Photokina)とは、ドイツのケルンで2年に1度、西暦が偶数の年に開催される、カメラ・写真機材をはじめとした映像関連総合見本市である。世界各国のメーカー(2004年は50ヶ国以上)が参加するフォトキナは、各社の技術をアピールする格好の舞台であり、毎回多くの新製品やコンセプトモデルが発表される。向こう2年間の機材開発の方向性を占うという意味で、一般のバイヤーのほか開発担当者からも注目を浴びる。写真器材については、デジタル化の普及により、2000年頃より展示内容の幅が広がる傾向にある。
ちょっとした加工で凄い事になった件

開催

  • 1960年 - 第1回日本カメラショー開催
  • 1966年 - 第1回ラボ用機材展示会開催(後にラボシステムショーに名称変更)
  • 1970年 - 第1回フォトアクセサリーショー開催(後に写真映像用品ショーに名称変更)
  • 1972年 - 第1回国際プロ・フォト・フェア開催
  • 1995年 - 日本カメラショーと写真映像用品ショーを併合し、フォトフェスタジャパン'95を開催(1997年以降フォトエキスポに名称変更)
  • 2005年 - フォトエキスポ、ラボシステムショー、国際プロ・フォト・フェアを併合し、フォトイメージングエキスポ2005を開催
  • 2009年 - この年のフォトイメージングエキスポ閉幕直後にカメラ映像機器工業会が主催を離脱すると発表。フォトイメージングエキスポ事務局が解散。
  • 2010年
    • 3月 - CP+をパシフィコ横浜で開催。
    • 6月 - PHOTO NEXT 2010を東京ビッグサイトで開催。
フォトショで補正された俺はもう既に本物のイケメンなのかもしれない