イケメン補正のやり方
高槻市の賃貸ならピタットハウスJR高槻店へ、このフレーズを耳にされた方はどうぞ遠慮なくご来店下さい! 弊社自慢の物件情報をご用意してお待ちしておりますので、希望などありましたら遠慮なく仰って下さい。

Adobe Photoshop Lightroom

フォトショのファミリー製品としてAdobe Photoshop Lightroom(アドビ フォトショップ ライトルーム)は、アドビシステムズという画像処理ソフトもリリースされています。本家フォトショップ程多方面に高機能ではないが、写真の編集に特化したソフトのようです。プロの写真家さんなんかは使っているんじゃないでしょうか。

2006年1月9日よりβ版としてMac OS X専用のバージョンが公開されていた。その後同年7月18日にWindows XP版が公開された。当初の名称はAdobe Lightroomだったが、同年9月25日に公開されたβ4でPhotoshopファミリーに組み入れられ、現在の名称へと変更された。製品版(日本語版)の発売は2007年3月23日。

システムとしてはデジタルカメラ、特にデジタル一眼レフを使う写真家などのプロフェッショナル・ハイアマチュアユーザーをメインターゲットとしており、デジタルカメラで撮影した画像のパソコンへの取り込み、整理、取捨選択、RAW画像の現像や補正、JPEGなどのファイルへの出力や印刷、facebookやFlickrな どWeb上への公開を一連の流れとして行える。 「カタログ」と呼ばれる管理方式が特徴であり、写真のレーティング、フラグ、カラーラベル+カメラ名、レンズ名、焦点距離、ISO感度などのメタデータを 自由に組み合わせて写真の取捨選択を行うことができるため、必要な写真のみ現像して出力すると言ったことが可能である。

ユーザーインターフェイスはアップルのApertureを意識したつくりになっている。またアドビのコンシューマ製品としてはパブリックベータを公開した初めての製品であり、パブリックベータの段階で多数のユーザーの参加を得ており、そうしたユーザーからの意見や要望を取り入れ、機能の向上や改善を行っている。

RAW画像処理エンジンや画像補正機能は、Photoshopのシステムをベースにしており、さらに写真画像に特化するかたちに改良されている。ま たPhotoshopとの連携も可能となっており、高度な画像処理をPhotoshopに移行させつつ、その管理をLightroomで引き続き行える、 ということも可能となっている。

2008年9月12日にはバージョン2.0日本語版が発売された。主な新機能としては、覆い焼きや焼き込みのような部分的な画像編集ができる「補正 ブラシ」、光学的なグラデーションフィルターのような効果が得られる「段階フィルタ」、「デュアルモニタ対応」によるワークスペースの拡大、 Photoshopとの連携強化、「シャープ機能」の強化、「書き出しプラグイン」への対応、「ライブラリフィルタ」や「スマートコレクション」などの検 索機能の強化、アドビ初の64bit版OSのサポートなど。

フォトショを極めたい貴方へ

RAW画像って

RAW画像(ローがぞう、英: Raw image format)とは、デジタルカメラなどにおける完成状態にされていない画像データのことである。英語でRawは「生」「未加工」を意味する。私は今までこれを“ラウ画像”って読んでました。業界用語を間違えるのって恥ずかしいですねwww

かつてはいわゆるベタ画像のことを指すこともあったが、2000年代に入ってからはデジタルカメラやイメージスキャナ等における「未現像」データのことを指す場合が多い。

デジタル一眼レフカメラやミラーレス一眼カメラほか、高級デジタルカメラで記録可能な画像形式。デジタルカメラでは一般的に「写真」としてJPEG画像を生成するが、RAW画像はJPEG画像を生成する元となる「生」の画像データである。ある程度の写真知識がある(プロフェッショナル、ハイアマチュアなど)ユーザーが、露出、コントラスト、ホワイトバランス、カラーバランス、明度、彩度などの補正や加工、ノイズや歪曲など除去をパソコン上で思い通りに行ないたいという要望に応え、カメラメーカーが用意している機能のひとつ。加工と鑑賞には専用のソフトウェアが必要になる。カメラメーカーによって記録データの内部形式がまちまちである事、およびデータ量が多くなることから、そのままでは印刷データや、不特定多数に向けた配布、鑑賞には適さない。きっとカメラマン御用達のファイル形式ですね。

ちょっとした加工で凄い事になった件
高槻市の賃貸ならピタットハウスJR高槻店へ、このフレーズを耳にされた方はどうぞ遠慮なくご来店下さい! 弊社自慢の物件情報をご用意してお待ちしておりますので、希望などありましたら遠慮なく仰って下さい。

RAWの特徴

多くのデジタルカメラで採用されている単板式カラーCCD・CMOSイメージセンサでは各画素が単色の色情報しか持たない。このためデジタルカメラは撮影時に各画素に対してその周辺画素から足りない色情報を集め与えることで色情報を補完し、フルカラー画像を作り出す「デモザイク」(de-mosaic)処理を行っている。多くのデジタルカメラではデモザイクに並行して色や明るさのトーン等を自動レタッチする画像処理を行い、完成した画像をJPEGやTIFFなどの汎用画像フォーマットで保存する。

しかし、デモザイクや自動レタッチ処理の精度は完成画像の画質に大きな影響を及ぼすほか、現像後(後述)はホワイトバランス(色温度)などが固定されてしまうため容易に修正ができない。また、最終保存に使われるJPEGフォーマットは通常非可逆圧縮であり、水平方向の色情報の間引きも行っているため元データと比較すると原理的に画質劣化が避けられない。さらに、これらフォーマットの色深度は通常各色8ビット(合計24ビット)しかないため、通常12ビットの精度があるイメージセンサから受け取った情報を大幅に切り捨てるほかなく、撮影後の露出(画像の明暗や輝度)調整が困難になる。

このような事情から、通常の画像フォーマットで保存されたデータでは大胆なレタッチをしようとすればするほど画質低下が際立ち、作品作りの自由度がそがれているとしてプロ写真家などからは大きな不満の声が上がっていた。このため、デジタル一眼レフカメラな ど高機能カメラを中心に、デモザイク前の生データ、すなわちRAWデータをそのままファイル保存する機能を持つものが増え始め、2010年現在ではほぼ全 てのレンズ交換式カメラや一部の高級コンパクトデジタルカメラにも搭載されている。RAWデータは無圧縮か可逆圧縮であるためJPEGと比較すると非常に 大きなファイルサイズになるが、各画素に1つの色情報しか持たない特性上、TIFF(各色8ビット)と比較するとその半分以下で済む。

フォトショで補正された俺はもう既に本物のイケメンなのかもしれない