イケメン補正のやり方
マイホームを持ちたい人へ、兵庫県 垂水区の新築一戸建てを紹介いたします。神戸市垂水区の新築のことなら長期経営で実績豊富な(株)日成ハウジングへご相談ください!あなたにぴったりの物件を探すお手伝いをさせてください。

GIMP

ここからはフォトショの代用品としておすすめしたいソフトを紹介していきます。

まさかのフリーソフト“GIMP”

デジタル絵を嗜む方の中にはフォトショを使いたいけど、値段的な理由で手に入れられないって人も多いでしょう。フォトショにはそんな学生の為のアカデミー版もあるけれど、それでも諭吉が何人か飛んでいきます。しかも社会人は対象外です。PCで絵を描きたいけど、お金は無い…そんな貴方におすすめなのがGIMP(ギンプ、ジンプ、GNU Image Manipulation Program)です!

GIMPはGNU GPL の下で配布されているビットマップ画像編集・加工ソフトウェア(ペイントソフト)。1995年に Spencer Kimball と Peter Mattis が開発を始めた。マスコットは「ウィルバー (Wilber)」。 GIMP をベースにして Adobe Photoshop とメニューの並び順を同じにした GIMPshop や Mac OS X 向けにシンプル化した Seashore など、いくつかの派生バージョンやカスタマイズパッケージが存在する。

とにかく高機能なのでこのソフトのお世話になってる絵描きさんも多い事でしょう。

フォトショを極めたい貴方へ

特徴

GIMPはフリーソフトでありながら有料のグラフィック編集ソフトウェアと比べても遜色のないレベルの機能を備えています。レイヤー、トーンカーブ、ヒストグラム、画像の形状からの切り抜き、ブラシエディタ、パスの編集、多種多様なプラグインなどに加え、モザイク編集や、アニメーション合成(GIFアニメーション)を行うなどといったフィルタ機能も数多く備えており、これ一つで、コンピュータ上のほとんどの画像編集は行える。

ただし、もともとウェブ用のグラフィック編集を想定して開発されたソフトウェアであるため、CMYKカラーをネイティブサポートしていないなど、本格的な印刷業務には向いていないという面もある。

基本的には、パレット上のツールボックスから機能を選択して画像の編集を行うというオーソドックスなソフトウェアだが、SDI で、かつ、いくつもボックスを持つなど、長らくインターフェイスに癖があった。しかし、2.6からはユーティリティウィンドウが実装され、今までのツール ボックス等のウィンドウを、一つの親ウィンドウで管理できるようになり、2.8からはすべてを一つのウインドウに統合する「シングルウインドウモード」が 実装された。

対話的な使い方の他にも Scheme を使った「Script-Fu」を用いてスクリプトを作り自動化することができる。なお、Script-Fu の名はカンフー (Kung-fu) からきている。現在では Perl、Python、Tcl、Ruby などの言語でスクリプトを書く環境もある。このスクリプト処理は完全に非対話的な自動処理も書ける。ImageMagick の方が簡単にすばやく自動化処理を行えるが、GIMP の方がはるかに強力な画像編集機能を使える。

カラーマネジメント対応については、バージョン2.4より作業中の画像に対してカラープロファイルの割り当て(埋め込み)が可能になったほか、プロファイルが埋め込まれた画像のカラーを適切に画面上で確認するための仕組みが整備された。 同様に、CMYK出力時の色味をシミュレートするソフトプルーフの機能も提供されている。カラープロファイルが埋め込まれた画像ファイルの読み込み・保存 は、各形式に対応するプラグインの実装に依存しており、従来より JPEG、TIFF、PNG 形式でサポートされていた。バージョン2.4以降はカラーマネジメント関連機能の整備に伴い、ネイティブ形式である XCF形式でもサポートされるようになった。

GIMP は X Window System 向けに制作され、多くのデスクトップ向けUNIX互換OS上では、デフォルトで同梱されている。現在は Windows 版や Mac OS X 版(要 X11.app)も利用可能である。開発元の The GIMP Team は公式のバイナリを提供せず、各プラットフォーム向けのバイナリ配布は有志の手によって行われている。

GTK+ は本来は GIMP のために制作されたライブラリであり、GIMP の一部だったが、ここから派生して、現在では広く使われる GUI 向けのライブラリになっている。

gettext の仕組みを使って多言語対応している。

競合製品

Adobe Photoshop、Corel Paint Shop Pro、Corel PHOTO-PAINT との比較
  • Photoshop、Photo-Paint には Pantone カラーマッチングシステムが含まれる
  • Photoshop はシェアが高いためプラグインやアドオンが製品も含め多く存在する
    • GIMP は無償で手に入るため、簡単に GIMP の制御ができる Script-Fu が数多く公開されている
  • GIMP は SGI形式の画像を編集できる
  • GIMP は spot color に対応していない
  • GIMP は多くのプラットフォームに対応している
  • GIMP は無償で入手が可能である

ファイル形式

GIMP は以下のファイル形式を開いたり保存したりすることができる。

  • GIMP XCF、ネイティブ形式(.xcf、もしくは.xcf.gzや.xcf.bz2として圧縮されたもの)
  • Autodesk flic動画 (.fli)
  • DICOM(.dcmもしくは.dicom)
  • PostScript文書(.ps、.ps.gzおよび.eps)
  • FITS天文画像(.fits、もしくは.fit)
  • Scalable Vector Graphics、パスのエクスポート用 (.svg)
  • Microsoft Windows のアイコン (.ico)
  • Microsoft の無圧縮AVIビデオ (.avi)
  • Windows bitmap (.bmp)
  • Corel Paint Shop Pro画像(.pspまたは.tub)
  • Adobe Photoshop文書 (.psd、.pdd)
  • PNM画像(.pnm、.ppm、.pgm、および.pbm)
  • Compuserve Graphics Interchange Format画像と動画 (.gif)
  • Joint Photographic Experts Group画像(.jpeg、.jpg、もしくは.jpe)
  • Portable Network Graphics (.png)
  • KISSのセル (.cel)
  • Tagged Image File Format(.tiffか.tif)
  • TARGA (.tga)
  • X bitmap画像(.xbm、.icon、もしくは.bitmap)
  • X pixmap画像 (.xpm)
  • X Windowダンプ (.xwd)
  • Zsoft PCX (.pcx)

GIMP は以下の形式をインポートできる(開けるが保存できない):

  • Adobe PDFファイル (.pdf)
  • RAW画像(多数の拡張)

GIMP は以下の形式をエクスポートできる(保存できるが開けない):

  • HTML、色つきのセルを使った表として (.html)
  • C言語のソースファイル、配列として(.cまたは.h)
  • Multiple-image Network Graphics、レイヤ付き画像ファイル (.mng)
ちょっとした加工で凄い事になった件

リリース履歴

  • 1996年1月 最初の公式リリースとなる GIMP 0.54 がリリースされた。
  • 1998年6月2日 最初の正式版リリースとなる GIMP 1.0 がリリースされた。
  • 2000年12月25日 GIMP 1.2.0リリース。
  • 2004年3月24日 GIMP 2 最初のリリースとなる GIMP 2.0 がリリースされた。
  • 同年12月19日 GIMP 2.2.0 リリース。
  • 2007年10月24日 GIMP 2.4.0 がリリースされた。
  • 2008年10月1日 GIMP 2.6.0 がリリースされた。
  • 2012年5月3日 GIMP 2.8.0 がリリース
フォトショで補正された俺はもう既に本物のイケメンなのかもしれない